セルライトの進行中期

エデマが出現し始めたセルライトの初期段階をそのまま放っておくと、セルライトの中期段階に移行します。

エデマによってコラーゲン線維が破壊されると脂肪細胞はコラーゲン繊維の支えを失ってぶよぶよした状態になります。
脂肪細胞と血管との栄養や酸素、老廃物などの物質交換がうまくいかなくなりはじめ、脂肪細胞はどんどん変形していきます。

エデマによって破壊されたコラーゲン線維自体は再生が始まるのですが、コラーゲンが異常に増殖してしまい変形したいくつもの脂肪細胞が増殖したコラーゲンによってまとめて固められてしまいます。

変形したいくつ物脂肪細胞が増殖したコラーゲンによってまとめて固められてしまった状態がセルライトで、セルライトができ始めた状態がセルライトの中期といえます。

セルライトの中期段階では、毛細血管の血管の壁はどんどん弱くなり、少しぶつけただけでも内出血し、内出血が治りにくくなってきます。

セルライトの中期段階では肌の弾力が失われ、肌をつまむとえくぼのようなくぼみができるようになります。



セルライトTOPへ戻る

(C) セルライト予防と除去で
女を磨く