セルライトの進行初期

セルライトができる初期段階はどのようものなのか。

人間の正常な皮下脂肪組織は脂肪細胞がネット状になっているコラーゲン線維に支えられています。
コラーゲン繊維に支えられた脂肪細胞は毛細血管の周りにあり、他の細胞と同じく栄養や老廃物のやり取りを盛んに行っていますが、肥満になり脂肪細胞が肥大化してくると、肥大化した脂肪細胞によって毛細血管が押しつぶされ血管の壁がもろくなります。

血管の壁は、女性ホルモンや食生活等の影響などでもろくなる場合もあります。
血管の壁がどんどんもろくなるともろくなった血管の壁から血漿が漏れ出し始めます。

血漿が漏れ出して溜まったものをエデマとよぶそうです。
エデマはコラーゲン線維を破壊する性質を持っていて、コラーゲン繊維の脂肪組織を取り囲む力が弱くなってしまいます。
エデマが出現し始めた段階が、セルライトの初期段階といえます。



セルライトTOPへ戻る

(C) セルライト予防と除去で
女を磨く