セルライトの進行後期

セルライトができ始めた中期段階を放置しておくと、セルライトの後期段階に進んでいきます。

セルライトの後期段階では、セルライトがあちこちに出現して真皮層の正常なコラーゲンと結合していきます。
正常なコラーゲンとセルライトが結合すると、皮膚を引っ張ってしまうため、肌の表面にオレンジピールスキンと呼ばれる、みかんの皮のようなデコボコが出現します。

セルライトと化した脂肪細胞は、血行が良くないためにさらに栄養と酸素が不足したうえ老廃物も排出されませんので、酸化してしまいます。
セルライトの内部にある血管の壁はもろいために切れる部分も出現します。

内出血がどんどん起こるためさらにエデマが増大して、むくみがひどくなる上、肌の表面も栄養が不足するので常に肌がかさかさした状態になります。
セルライトによって肌の表面がオレンジピールスキン状態になるとセルライトの後期段階となり、早めのセルライト除去を考える必要があります。



セルライトTOPへ戻る

(C) セルライト予防と除去で
女を磨く